弁護士に相談する

弁護士少しでも高額の慰謝料を請求するにはいくつかの条件があります。まず、確実に不倫をしているという証拠を押さえることは大切ですから覚えておきましょう。探偵などを雇って不倫の証拠を押さえておくと裁判になったときも有利になります。また、弁護士に相談するのも有効です。弁護士だと不倫慰謝料の請求にも慣れているでしょうし、ケース別にどれくらい請求できるかもわかると思います。弁護士があいだに入るだけで高額な慰謝料を請求できることもありますから、まずは弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

自分で慰謝料を支払ってくれるように交渉してもまずスムーズに進みません。不倫した側からするとできるだけ慰謝料は支払いたくないでしょうし、何とかして免れようとします。のらりくらりとかわされるようなこともあるでしょうから、やはり弁護士に相談したほうが無難です。

相手も弁護士から慰謝料を請求されたとなると態度が変わりますし、支払ってくれるケースが多いです。また、裁判になったときなども弁護士が対応してくれます。相談する弁護士を選ぶときはなるべくこうした男女問題、慰謝料問題に強い弁護士をチョイスすることです。こうした問題を得意とする弁護士なら安心して依頼できるでしょう。


関連記事

  1. 不倫の慰謝料請求
  2. 不倫慰謝料の相場

不倫慰謝料の相場

不倫によって精神的な苦痛を受けることはよくあることです。愛情が深ければ深いほど裏切られたときのダメージは大きくなってしまいますし、精神的なダメージから体調を崩してしまうということもよくあります。このような場合だと慰謝料の請求対象となりますが、具体的にどれくらいの額を請求すればいいのか悩んでしまうという方も少なくありません。ただ、不倫の慰謝料請求額というのはさまざまな要因によって変わってきますから、一概にこれくらいとここで断言することは難しいでしょう。

相場結婚生活が長い場合だと傷の大きさは計り知れないと判断されるため慰謝料は高額になりがちです。逆に結婚生活が短いとなると慰謝料の額は少なくなる傾向にあります。また、不倫された期間が長ければ長いほど高額な慰謝料を請求することが可能になりますし、逆に短いと少なくなる傾向です。

こうしたことから、実際にどれくらいの慰謝料を請求できるかというのはケースバイケースになってきます。誰もがたくさんの慰謝料を支払ってほしいと思っているでしょうが、ケース次第ではあまり慰謝料を請求できないということもあります。ただ、慰謝料をなるべく高く支払ってもらうための方法もありますからそれは次にお話しましょう。


関連記事

  1. 不倫の慰謝料請求
  2. 弁護士に相談する

不倫の慰謝料請求

慰謝料とは精神的なダメージに対する損害賠償金のことです。心にダメージを与えてしまった、すなわち損害を与えてしまったことに対する賠償金ということですね。テレビドラマや映画で慰謝料を払え、と詰め寄るようなシーンもよく目にしますが、実際に現実の世界でも慰謝料を請求するシーンというのは多々あります。今現在この記事を読んでいる方の中にも慰謝料を支払ったことがある、もしくは払ってもらったことがあるという方はおられるのではないでしょうか。

不貞行為慰謝料が発生する行為にもいろいろありますが、代表的なところだと不貞行為が挙げられます。婚姻関係にある配偶者がほかの異性と性交渉に及んだなど不貞を働いたとなるとこれは慰謝料が発生する要因となります。不倫による慰謝料請求というのはよくあることですし、まったく珍しいことではありません。では、不倫をされてしまった場合にどれくらいの慰謝料を請求することができるのでしょうか。

不倫したパートナーなどに慰謝料を請求したいと思ってもいくら請求すればいいのか悩んでしまうと思います。また、慰謝料を請求しても相手にしてくれない、言い逃れされてしまうということもあるでしょう。そこで、このサイトでは不倫でどれくらいの慰謝料を請求することができるのか、請求するために何が必要なのか、どのような行動を起こすべきなのかといったことをご紹介したいと思います。慰謝料請求を検討している方はぜひ参考にしてください。


関連記事

  1. 不倫慰謝料の相場
  2. 弁護士に相談する